株式会社マッシュデザインラボ

MASH holdings
Privacy Policy

代表ご挨拶

トップメッセージ

企業理念である「きめの細かいモノづくり」
そんな思いを"mash"という言葉に込め、1999年、私達は きめの細かいモノづくりの研究所(マッシュスタイルラボ)を開設させていただきました。

ゲーム、テレビ、イベント用のCG制作を経て、現在、CG事業メインである 不動産広告で使用する建築CG,WEBサイトのデザインをさせていただき 300を超える数多くの物件にチャレンジしてまいりました。
2005年、マッシュグループのファーストブランド「snidel」の立ち上げと同時に、 グラフィックデザイン、パッケージデザインを担当し、
マッシュグループの 「snidel」「gelato pique」「FRAY I.D」「Lily Brown」「Mila Owen」 などのファッションブランドだけではなく、コスメ、フード、EC、など幅広いジャンルの 広告デザインに関わってまいりました。

これまで、「モノづくり」に専念させていただいたのは 一重に、多くの関係会社、人々のご協力、ご理解があったからだと 思います。本当に有難うございます。

2013年、モノづくりの中でもCG、WEBデザイン、グラフィックデザインを追求するために 「マッシュデザインラボ」と社名を新たに、スタートしました。

CGイメージは動きだし、時間の変化、 そして、空気感を表現できるようになりました。

WEBは、デザインだけではなくコミュニケーションを求められるように なりました。

グラフィックデザインは、メディアの枠を超え、様々な発想に対応できる、 柔軟性と想像力が必要となりました。

マッシュデザインラボは、これらのことを考え、変わらない理念、 きめの細かいモノづくりにこだわり 研究し、時代の変化を楽しみつつ、チャレンジし続けます。